景気が良くなってきていると言われる割には実感できないですね。日本全体をみると、以前よりは景気が良くなってきているのですが、まだまだ一般庶民が回復していると感じられる程には至っていないのが現状です。しかし、この現状こそが銀行のキャッシングローンの金利が低い大きな要因となっているのをご存知でしょうか。

 基本的に景気が良くなりすぎると、国全体のお金回りを悪くする為、金利を上げる政策を、景気が悪くなると国全体のお金回りを良くする為、金利を下げる政策を国が取ります。基準貸付利率という言葉を聞いた事はありませんか。昔でいう公定歩合と同等のものになります。これは簡単に言うと、国が出している銀行の利率の基準となるものです。
 現在、国民全体の意識として景気が良くなったとは言えない状態である為、この基準貸付利率が非常に低い状態にあるのです。その為、それに連動する形で銀行のキャッシングローンの金利も低い状態にあるという訳です。
 景気が悪い時程、実はキャッシングローンを利用するには有利な状況であると言えるのです。つまり、今がチャンスと言う訳ですね。

 現在、基準貸付利率は戦後最低基準にあります。つまりキャッシングローンの金利はこの上なく低い状態にあると言えます。今後の事を確実に読む事は出来ませんが、これまでの経緯と現状から、今後これ以上下がる事はないという見方が強いです。逆にいつ上がるのかを懸念する考えが多い状況です。
 もしお金借りたいときに、キャッシングローンの利用を検討しているのであれば、金利が最低基準である今を逃す手はないのです。